屋内ストレス解消のコツ

とにかく叫んでストレス解消

屋内でできるストレス解消法で最も簡単なのは叫ぶことです。不満や愚痴を大声で出すことですっきりします。必要なものや用意しなければならないものはないため手っ取り早い方法です。
しかし注意しなければならないのは周りに配慮するということです。例えば同居人や家族がいる場合、突然叫ぶと驚かれたり心配されたりします。また、マンションやアパートでは隣に聞こえてしまい、迷惑になる場合もあります。
音を吸収する器具や防音室などがある場合はそれを使用するのがベストですが、それがない場合は枕やクッションなどに顔を押しつけて叫ぶとかなり音が吸収されるのでおすすめです。
叫ぶ際には何らかの対策をして叫びましょう。思う存分ストレスを発散するためには必要なことです。

文字に起こすのもストレス解消に

嫌なことや愚痴を文字に起こすという方法も立派なストレス解消法です。書くものはなんでも良いです。紙に書き殴っても、パソコンのメモなどに打ち込んでもかまいません。自分が不快に感じているのはどういったものなのか、それを客観的に見ることができるので冷静になれます。これは叫ぶ方法と違い、静かなので周りを気にする必要はありません。 この方法で大切なのは捨てることです。思う存分書いたら必ず捨てましょう。再び見る機会があると、また腹が立ってきたりイライラしてしまうこともあるかもしれません。そうなるとストレス解消した後にストレスを生み出してしまうことになります。一度書き殴ったものを今後見る必要はありません。二度と見ることがないように捨てましょう。