屋内ストレス解消法のデメリット

ストレス解消アイテムがストレスの原因に?

屋内でできるストレス解消方法はたくさんありますが、それが逆に「ストレスの原因」になってしまうこともあるようです。たとえば、「ストレス解消に運動をしよう」と思った人は、室内でもできるストレス解消のためのアイテムをいろいろと調べて、買い揃えることもあります。ところが実際に手元に届いて実行したら、続けることができなくて結局ムダになってしまった、なんてこともあるといいます。しかもそのアイテムが結構な高額なものであれば、「このお金で好きなものを食べたら良かった」と思っても後の祭りです。このように、ストレス解消をするためのアイテムがストレスの原因になって、結局ただの無駄遣いになる人もいます。そうならないためにも、ストレス解消は自分の日常生活内にあるもので始めてみるのが良いでしょう。

やらなきゃダメ?義務にしなくてもいい

屋内でできるストレス解消方法はいくつもありますが、「それをやらなければいけない」となればかえってストレスの原因になってしまいます。屋内でできる方法として「スポーツ」を選んだり、「健康的な料理」を選ぶ人もいるようです。どちらも体調管理には良いといわれているものですが、それを「やるべきこと」と義務付けてしまうのはよくありません。ストレスが溜まっているところに、さらにストレスの原因を追加してしまうことになります。スポーツをするのなら、「一日一回すればオーケー」「10回やったら自分を褒める」くらいの緩やかなものから始めましょう。料理を作るのなら「一食野菜サラダを手作り」程度にしておけば続けやすいですよね。すべてを完璧にこなそうとするのではなく、「やれることをまずはひとつ」くらいがストレス解消には良いのです。