屋外ストレス解消法のデメリット

外でできるストレス解消方法

ストレスが溜まっているときは、自宅で疲れた体と心を休ませるという選択もありますが、家にばかりいたくない、外でストレスを発散したいという人もいます。屋外でできるストレス解消方法では、まずはウォーキングやランニングなどを楽しむことがあげられます。体を適度に動かし汗を流すのは健康的なストレス解消方法です。このほかでは、外出でショッピングや食事を楽しむなどもあげられます。ひとりでも楽しむことはできますが、友人や家族と出かけることもストレス解消に役立ちます。遠くに出かけなくても、自宅の庭でガーデニングを楽しむ、ペットと楽しく過ごすこともできます。家から一歩出るだけでも屋外で過ごすことになりますので、自分に合うストレス解消法を見つけていきましょう。

屋外活動にデメリットはあるのか

屋外でのストレス解消法には様々なメリットがありますが、デメリットも知っておきたいところです。まず、ウォーキングやランニングは天候に左右されるので、いつでも楽しめるというわけではありません。そして、天気が良い日でも紫外線対策は必要です。対策を怠ると肌の劣化が進んでしまいます。食事やショッピングも良いストレス解消になりますが、この場合も注意点があります。お金を使うと一時的に気分が良くなりますが、ストレスが溜まっているときは不要なものにお金を使ってしまいがちです。特にクレジットカード決済は、お金を使っている意識が薄れがちなので注意が必要です。さらに、人気のスポットは休日になると多くの人が押し寄せるので、それがかえってストレスを強くする可能性もあります。